准看護師の魅力とは?



看護師の他に准看護師という資格がありますが、准看護師と看護師の大きな違いといえば、看護師のほうが給料が高いということを第一に挙げる人も多いでしょう。このことから、准看護師はあまり稼ぐことができないと思ってしまっている人もいるようです。

しかし、一般的な職業と比較した場合、准看護師の給料が低いとはいえません。あくまで看護師と比較した場合は低いですが、准看護師も高収入が期待できる資格・職業なのです。

例えば、長年同じ職場で勤務をすると給料がアップしていきますが、准看護師でも年収500万円を突破することは難しくありません。転職を繰り返している看護師よりも、1つの職場に長く留まっている准看護師のほうが収入が良いというケースも多いです。看護師か准看護師かで悩んでいるという人は、それぞれのメリットとデメリットについて理解したうえで検討してみましょう。

まず、准看護師もほとんど看護師と同じような仕事をします。何となく准看護師というと看護師に比べてできることが限られていたり、看護師よりも責任が軽いイメージがあるかもしれませんが、これらは看護師と同じだということを理解しておかなければなりません。

准看護師の資格は看護師と違って国家資格ではありませんが、准看護師資格を取得すれば国家資格である看護師と同じ仕事ができるというのも、この資格の魅力ですよね。

ただ、デメリットもあります。それは、准看護師はあくまで看護師に指示を受けて動く立場にあるということです。自分の判断で行動をすることができないので、急いで判断を迫られた場合でも医師か看護師の指示をあおがなければなりません。

次に、看護師に比べると役職手当というものが期待できません。婦長などの役職には看護師が就くことになるため、准看護師では役職手当を受け取れるようなポジションに就くことができないのです。これが理由で看護師との大きな収入差に繋がってしまうこともあるので、准看護師から看護師を目指すのもいいでしょう。

ページの先頭へ