心身ともにハードな夜勤



看護師の仕事は実にハードなものです。特に病棟勤務の看護師は体力的にもかなり辛いものがあります。病棟勤務になると夜勤が入りますので、不規則な勤務体系となり生活リズムに乱れが生じます。夜勤を含む場合、2交代制や3交代制勤務になります。

例えば、「日勤(2日)→夜勤→休日(1日)→日勤」「夜勤→明け日勤」という具合です。これでは、体内時計(サーカディアンリズム)も狂ってしまうでしょう。

人は体内時計が整っていると体調もよいものです。体内時計の乱れは、ホルモンバランスを崩したり自律神経にも悪影響を及ぼしますし、睡眠障害を引き起こす事もあります。女性の場合、生理周期を乱すこともありますし、肌荒れにも繋がります。

20代は体力があるので夜勤があっても乗り切れるでしょうが、30代になってくるとそうはいかないようです。実際に体力的な辛さから、夜勤のない外来やクリニックに転職する方は少なくありません。

2交代制の夜勤は特に重労働で、16時間以上の連続勤務になることもあります。。その間、食事休憩30分(朝食、夕食毎)と2時間の仮眠時間が設けられているのが一般的ですが、16時間労働は超ハードです。また、夜勤は看護師の人数も少なくなるので、患者さんへの対応も忙しさを増します。夜勤明けは疲労困憊してグッタリとなる看護師がほとんどでしょう。

辛いのは体力面だけではありません。夜勤にあたるメンバーによっては、精神面でかなり負担を感じることがあります気の合うメンバーだったら、休憩時間に雑談して気分転換することもできますが、気の利かない看護師や苦手な先輩看護師と一緒に夜勤をすることになると、違う意味で気を遣い余計に疲れます。

そして、夜勤中は責任者不在になることが多いので、夜勤リーダーに責任がかってきます。勿論、リーダー以外の看護師にも責任はありますから、リーダーに全責任がかかるわけではありませんが、夜勤中に問題が発生した場合には、リーダーが責任を持って対処しなければなりません。

そのため、夜勤リーダーになった看護師は、かなりのプレッシャーを感じることになるでしょう。体力面に限らず精神面でも負担の多い夜勤は、年齢とともに辛くなってくるのは確実と言えるかもしれませんね。

ページの先頭へ