看護師の勤め先(泌尿器科について)



皆さんの中で、泌尿器科を受診した経験がある方はそれほど多くないかもしれませんね。腎臓・膀胱関連の疾患の他に、前立腺等の男性生殖器に関連する疾患を扱う泌尿器科は、男性の患者が大半を占めますが、女性の患者が膀胱炎の治療で受診される事もあります。

このように元々男性患者が圧倒的に多い上に、男性の性器に関する疾患を扱うため、女性の看護師には敬遠されがちな職種です。実際のところ、泌尿器科で勤務する女性看護師の方は、独特の悩みを抱えている方が多いのです。それは「患者さんからのセクハラ」です。

泌尿器科を受診する患者さんの多くは、普段人に見せることはない生殖器の部分への治療を行ないます。看護師からすれば、仕事で毎日対応しているので、そういった点には慣れてしまっていますが、患者さん側から見ればそうはいきません。この特殊性が仇となって、他の診療科と比較すると、泌尿器科でセクハラを行なう男性の数は圧倒的に多いと言われています。

そういったセクハラにも動じずに、平常心で対応できる看護師であれば問題はないのですが、泌尿器科での経験が浅い看護師の方にとっては、精神的にもかなりきついと言えるでしょう。時間とともに慣れる方もいれば、どうしても耐えられずに退職する看護師の方もいらっしゃいます。

こういった問題もあり、泌尿器科においては、最近では男性看護師の求人が増えてきています。このような背景から、以前に比べると男性看護師の数もだいぶ増えてきました。受診する男性患者側にとっても、女性看護師よりは男性看護師のほうが症状の説明もしやすいというメリットがあります。

逆に、女性の患者さんが受診する場合は、女性看護師の方がいるほうが断然安心感を持たれるでしょう。比率の差こそあれ、男女の患者が訪れるので、看護師も男女勤務しているのが望ましいのです。

泌尿器科の場合、外来の治療や、日帰り入院で済むケースが多いため、求人も日勤のみが多く、自分の時間を確保したい方にはお勧めですが、前述のように、あくまで仕事と割り切ってビジネスライクに対応する精神力がないと辛いかもしれません。

ページの先頭へ