手術室看護師が転職先を選ぶ際の注意点



初めての転職をする際、自分の希望する条件だけで探そうとするとなかなか見つかりにくいですね。看護師の転職は、いくつかポイントがあります。例えば病棟を希望する場合、漠然と入院患者さんの看護ケアを想像します。しかし病状によって入院する病棟も違いますし、病院そのものも違います。

あらかじめその病棟の種類についての知識がないと、いざ働いた時、イメージしていた職場と違う場合があります。慣れれば大丈夫だと思いますが、将来スキルアップを望むのであれば、自分の望む病棟で勤務した方が有利ですよね。

ですから、手術室看護師求人の転職先を選ぶ時、病院にどんな病棟があり、自分の望む内容か確認します。また求人サイトには、幅広い勤務時間の提示があったにも拘わらず、実際求める勤務時間にずれがある場合があります。面接でこの条件を確認し、シフトの状況を見せてもらうと具体的なイメージができますね。すると勤務と家庭の両立が可能かどうか見えてきます。また病床数でも、どれくらいの忙しさかというのが想像できます。
夜勤専従看護師が知っておきたい夜勤関連の法律

看護方式は、病院によって違います。今までとは違った看護方式では、最初慣れにくいかと思いますので、心構えをするためにも知っておいた方がよいでしょう。とにかく転職先は、今までの勤務とは違うということを念頭に置き臨みましょう。

さて、求人票に病院の病棟の種類が複数示されている場合、希望通りの病棟に配属が可能か確認しましょう。希望する病棟が、必ずしも求人しているとは限らないのです。

また数年というサイクルで、病棟の異動があります。病棟が違えば看護ケアの内容も違います。向上心を持つことは大事ですが、その道のキャリアアップを考えているのなら、その旨を面接時に伝えておきましょう。
公益社団法人 大分県看護協会

夜勤やシフト状況も、自分の働くモチベーションに繋がります。家族がいる方にとって、シフトの組み方は重要ですね。特に小さいお子様がいらっしゃる方には、重要な要素です。2交代勤務か3交代勤務か、それにより束縛時間が違ってきますので、これも考慮しましょう。転職する際、まず福利厚生などの好条件を求めがちですが、実は勤務先での内容も同じくらい重要なのです。

看護師が転職を考えるとき

看護師さんは離職率の高い職業のひとつといわれていますが、転職理由も様々です。自分の能力の底上げを行いたい、他の病院や科目を経験したい、というポジティブな理由もあれば、今よりも安定した勤務時間や、報酬、通勤距離などの、現状の改善を求める看護師さんも少なくありません。

最近の看護師さんは、介護の現場で働く方も増えてきました。そのこともあり、外来や病棟で勤務に当たる看護師さんはどんどん少なくなっているようです。

新卒の看護師さんだけでフォローに当たるには、経験も足りませんし、医療施設側のバックアップも心許ないのが現状だといえます。

看護師さんの業務というのは大変ハードなものです。体にも心にも大きな負担が掛かるといわれています。患者さんだけではなく、ご家族への対応や、医師や仲間とのコミュニケーションも必要です。

仕事が終わる時間になっても、救急患者さんが訪れれば、時間通りに変えることは困難でしょう。また病棟勤務では、必ず夜勤があります。不規則な生活が続く事は体力的にもきついですし、ご家庭と両立させるには、なかなかヘビーな職業のひとつです。

出産や育児をきっかけに看護師をお休みされる看護師さんもいれば、より働きやすい場を求めて転職される看護師さんもいます。また、上記のような苛酷な環境で勤務しているというのに、報酬は高くありません。少しでも待遇のいい現場に移動したいと考えるのは当然のことではないでしょうか。

また、医療に関る方というのは向上心を持った方が多いといわれています。今よりももっと最先端の医療と関りたい、少しでもスキルアップしたい、認定看護師になりたいが、今の現場では困難である、といった、前向きな理由からの転職も多いです。

他にも女性の多い職場ということを考えると、現場スタッフとの人間関係のトラブルや、セクハラやパワハラ、といった問題から転職を考える看護師もいます。

人間関係の摩擦というのはどんなジャンルの職業でもありえる悩みですが、命に関る責任が必要な看護師という仕事に関しては、その悩みが大きな問題となってしまう可能性も高いです。

このように看護師界では転職は珍しいことではありませんので、違う職場を探したい、というのは全く恥ずべきことではありません。少しでも今より良い現場で、のびのびと看護師という仕事をして行って下さい。

産業看護師として働く

企業で働く産業看護師や保健師を産業看護職といいます。主な仕事内容はその企業で働いている従業員の健康管理や病気・ケガの予防となっているのですが、近年はメンタルケアに力を入れている企業も増えてきました。

企業で働いている方は様々なストレスや不安を抱えているため、それが原因で体調を崩してしまうことも珍しくありません。症状がひどいとうつ病などに繋がってしまうこともあるのですが、産業看護師はそういった人を守り、予防するといった大切な役割を持っています。

主な仕事内容は、社員の労働時間が守られているか確認をしたり、安全性・労働環境のモニタリングなどです。それから集計したデータをまとめて改善案を企業に提案したり、保健室や健康相談室と呼ばれるところで健康に関する相談に乗ることもあります。

企業によってどのような仕事を担当することになるかが異なるので、求人情報を確認して自分でもできる仕事なのかチェックしておきましょう。

産業看護師になるために特別な資格は必要なく、看護師免許のみあれば働くことができます。産業看護師としての資格が欲しいということであれば、登録産業看護師として学会に登録するといいでしょう。

そのためには産業看護の実務経験を2年以上行い、第一種衛生管理者の資格を取得して日本産業衛生学会産業看護部会が行っている「産業看護基礎コース」・「産業看護講座Nコース」の全課程を修了する必要があります。

病院などで働くのと企業で働くのとではどちらが自分に向いているのか分からないという方もいるかもしれません。

病院と企業での違う点についてですが、産業看護師は基本的に夜勤と土日出勤がありません。病院での夜勤に疲れて転職を決意したという方もいるようなので、この点は大きな魅力だと言えるでしょう。

それから、医療事故が少ないというのも産業看護師のメリットです。 ただ、デスクワークが多いため、パソコンが使える方でなければ厳しいでしょう。

ページの先頭へ